中学受験を受ける姿勢

中学受験を受ける姿勢

中学受験と聞いてもピンとこない世代の私ですが、昨今では中学受験は当たり前の世の中になってきました。
ほとんどの子供たちは塾へ行き、夜遅くまで勉強をしています。
進学塾では、4年生から中学受験に向けてのカリキュラムが組まれ勉強するようです。もっと早いところでは、既に1年生からカリキュラムが組まれているらしくとても驚きます。
中学受験とは無縁だった身としましては、そんな幼い時期から勉強ばかりして苦痛ではないのだろうかと思ったりもしますが、勉強をする事が習慣付き、日常の一部となり「勉強をする姿勢」というものが出来上がるのです。
無理矢理勉強を進めるのでは無く、自らそれを習慣と出来るなんて素晴らしい事でありメリット言えるでしょう。

 

中学受験を受けるという事は、家族のサポート無くしてはなしえない事です。
中学生ならば自分の意志で選択をする事が可能ですが、小学生ではまだ親のサポートが必要な年代です。
幼い子供をサポートし、励ましケアしつつ、両親共に神経質にならず見守っていかなければなりません。
子供の将来を左右する大切な話し合いは、家族間のコミュニケーションを取る良いきっかけにもなるでしょう。
押し付けではなく、お子さんの意見を尊重する事がとても大切な事です。